慶應義塾
中文
English

慶應義塾大学東アジア研究所 現代中国研究センター

トップページ > 研究成果・活動報告(第1期) > 2011年度

研究成果・活動報告(第1期)

|2011年度|2010年度2009年度2008年度2007年度


2011年度

国際シンポジウム

第5回国際シンポジウム

  テーマ: 「中国的発展モデルの可能性」
  日 時: 2011年12月17日(土) 13:00-17:00
  場 所: 慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール
  言 語: 日本語、中国語(同時通訳)
  報告要旨


全体研究会

2011年度全体研究会

  日 時: 2011年11月14日(金) 18:00-20:00 
  場 所: 慶應義塾大学三田キャンパス 大学院校舎8階東アジア研究所共同研究室1
  報告者および報告タイトル:
    陳 立文(国史館主任秘書)
         「台湾のY字型歴史研究」
    林 美莉(中央研究院近代史研究所副研究員兼副所長)
         「旧史料と新課題:外交部档案から見る辛亥革命と改造借款」
    劉 煕明(苗栗亜太創意技術学院副教授)
         「新資料からみる蒋介石と二・二八事件」
  言 語: 中国語 (逐次通訳)

  報告要旨


◆プロジェクト研究
 ※活動報告については「研究プロジェクト(第1期)」をご参照ください。


出版

『党国体制の現在 ― 変容する社会と中国共産党の適応』

  加茂具樹・小嶋華津子・星野昌裕・武内宏樹 編著
  慶應義塾大学出版会(2012年2月25日発行)
  詳細はこちら
  過去の刊行物はこちら


最新の研究成果・活動報告(第2期)へ>>